Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、懐かしの同人ゲーム、将棋について書きます。

フリーゲームコンテストの思い出

 フリーゲーム作家から創作活動を開始した私ですが、たびたびフリーゲームコンテストに参加していました。

ふりーむ![ 第1回ふりーむ!ゲームコンテスト:結果発表 ]

 現在も続いている「ふりーむ!ゲームコンテスト」の第1回に『稲妻教師&女教師 伝説の教壇の盾』で審査員特別賞を受賞しました(silflu名義)。2005年だから12年も前になります。
 私のフリゲ作家時代の代表作(?)に『女教師・美喜』という影絵ノベルシリーズがあります。このシリーズは『君の瞳はサンダーボルト殺人事件』という影絵ノベルにインスパイアされ、さらにその作者さんにコラボを申し込んで作られたのが『稲妻教師~』になります。あらゆるフリーノベルゲームの中で、実はこのシリーズが一番好きなんですよね。

ch.nicovideo.jp

 このサンダーボルトシリーズも、もうダウンロードできません(実況動画は結構ありますが)。空月まちゃるさん、お元気にしてらっしゃるでしょうか……。

 ところで、この第1回の見どころは何と言っても『ずろうの棲処 前編』。今や『ヘタリア』で大人気作家となった日丸屋秀和さんが作ったホラーゲームです。結局未完のままなのが惜しいですが、氏のあふれんばかりの才能が凝縮された一品でした。

ch.nicovideo.jp

 

 2006年にはアマチュアが主催する「3分ゲーコンテスト」の第8回に『Limited Humanoid』で応募し、第5位に入選しました。起動時間によって少し展開が変わる「リアルタイムアドベンチャー」と銘打っていました。まあ、アイディアは評価されたのですが作り込みが足りなかったですね。

www.freem.ne.jp

 この回の優勝は『愛と勇気とかしわもち』。可愛らしいパズルゲームかと思いきや、まさかのトラウマ展開が用意されていて、当時はずいぶん話題になりました。

 

 現在、3分ゲーの流れを受け継いだ「2分ゲーコンテスト」というのが開催されているようです。

twitter.com

 第2回の事前エントリー開始は間もなくとのこと。実験的な作品がいろいろ試せると思うので、興味ある人は応募してみてはどうでしょうか。私も影ながら応援させてもらいます。