Arai Koh's Create Life

シナリオライター・アライコウのブログ。創作、懐かしの同人ゲーム、将棋について書きます。

小細工したって無駄ですよ

実家に帰っているため、初のスマホからの投稿です。

さて、不愉快なコメントが来たのでIPアドレスをチェックしてみたら、何と今までコメントしてくれた人は全部同じ人だと判明! あまりのことに呆然です。

別に不愉快なコメントだとしても、それはそれでひとつのご意見として受け入れようと思っていたんですが、複数の名前を使い分けて投稿するなんてのは明確なマナー違反です。問答無用で今後はコメント拒否。それにしてもこんな小細工がバレないとでも思ったんでしょうか。

ひぐらしのなく頃にアンソロジーノベルの思い出

月姫』とともに同人ノベルゲームの金字塔を打ち立てた『ひぐらしのなく頃に』。同人発でありながら、コミカライズやコンシューマー化など数え切れないほどの商業進出を果たしましたが、その中のひとつにアンソロジーノベルがありました。

 この手の商品はプロの作家ではなく、ファンから原稿を募るという形態のものも多いのですが、ソフトガレージという会社が出していた『ひぐらしのなく頃にアンソロジーノベル』もそうでした。
 優れた作品は即掲載という魅力的な募集に、当時の私も応募したのです。そして採用しますという連絡が来たときの喜びを、今も忘れることはできません。これが私の記念すべき商業小説デビューになったわけですから。

ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・陸〈6〉 (ソフガレノベルズ)

ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・陸〈6〉 (ソフガレノベルズ)

 

 6巻目に掲載されたその作品は『百年目に見た少女の日常』。古手梨花がループのさなか、ふとしたことから記憶を失い、ごく普通の少女として日常を過ごす――その切ない様子を羽入視点で描いています。今回10年ぶりくらいに読み返してみましたが、我ながら面白いんじゃない、と思いました。さすがにもう新品では手に入らないでしょうが、中古ショップ等でお見かけの際は手にとっていただけたら嬉しいです。
 続く7巻目にも応募して、これも採用されました。『無神経なあの人』というタイトルで、前巻とは打って変わって鷹野&富竹をメインにしたギャグテイスト。我ながらバカなことを書いたなあ、と思いました。

ひぐらしのなく頃にアンソロジーノベル・漆(7)(ソフガレノベルズ)

ひぐらしのなく頃にアンソロジーノベル・漆(7)(ソフガレノベルズ)

 

 それからしばらくして、ソフトガレージの担当さんが一迅社に移籍し、またひぐらしのアンソロジーノベルをやるというので、私に声がかかりました。喜んで承諾し、『スプラッシュ・サマー』というタイトルで掲載されました。
 悲惨な運命を切り抜けた部活メンバーたちの平和な夏休み――アンソロジーノベルへの参加はこれが最後になりましたが、自分としてはその最後にふさわしい内容だったかと思います。

ひぐらしのなく頃に ノベルアンソロジー(2) (DMC NOVELS)

ひぐらしのなく頃に ノベルアンソロジー(2) (DMC NOVELS)

 

 これらアンソロジーノベルの執筆は、私が作家としてやっていくのに少なからず自信になってくれました。こういうチャンスを与えてくれる同人作品はもう出ないだろうなと思うと、少し寂しい気持ちもありますね。

「何でも願いを叶えてやろう」「じゃあ願いを無限に増やしてくれ(ニヤリ)」「了解した」「???」

 ブログ開設以来、順調に読者が増えているようですので、今後はこれまでのシナリオ仕事の紹介もしてみようと思います。

 ガラケー時代からのモバイルアドベンチャーゲームのファンなら、テンクロスの名はご存じかと思います。『召しませMoney!』『Airs』といった作品が人気を博しています。フリーノベルゲームの傑作『ひとかた』のリメイクもしている点も見逃せません。
 このメーカーから2011年にリリースされたのが『ハテシナWish!』です。

f:id:araicreate:20170916174442j:plain

学校の帰り道。
友人達と別れ、一人帰路についた俺は、突如現れた目映いばかりの光景に目を奪われた。
空が割れ、膨大な光が地上へと降り注いできたのだ。
光の中から現れたのは、この世の者とは思えないほどの美少女。
「我が名はウィッシュ。天地世界を作りたもうた、偉大なる神の……」
…どうやら神様から遣わされた天使らしい。
願いを叶えてくれるらしいが、とりわけ欲しいものはないし。
どうして俺が?と思いつつも、これだと思える願い事が浮かぶまで、俺は天使と行動を共にすることにした。
この出来事が新たな日々の幕開けとなった。

 元々は小説で「MF文庫Jライトノベル新人賞」の二次選考通過という実に微妙な評価の作品でした。しかしアイディア自体はいいと思っていたので、未発表作品を募集していたテンクロスにダメ元で応募してみました。すると即決でアプリにしましょうと言ってくれたんですね。もちろんそのままではダメなので、楽しいアドベンチャーゲームになるように選択肢などを盛り込み、頑張ってリライトしました。

 この話のコンセプトは「願いを無限に増やしてくれという願いを大真面目に叶えてしまったらどうなるか」というもの。一度は考えたことがある人が多いと思いますが、これが自分なりの料理の仕方でした。元気な主人公の少年と生真面目な美少女天使(巨乳)のコンビは、書いていて実に楽しかったです。

 そして注目していただきたいのが可愛らしいキャラグラフィック。どこかで見た絵柄だなと思った人は鋭い。英語の教科書「NEW HORIZON」のエレン先生で有名になった電柱棒さんです。イメージどおりに描いてくださり、最初に見たときの感動といったらなかったです。

 願いを無限に叶えることができる少年の物語は、いかに決着するのか? 本アプリは前編が無料ですので、お気軽にプレイしてみてください。気に入っていただけたなら、後編とファンアプリにも手を出していただければ。

ハテシナWish!

ハテシナWish!

  • tencross Inc
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com

美しきヴァンパイアとの対立。良質な女性向けファンタジーAVG

 今までにプレイした女性向け同人アドベンチャーゲームの中で、一番好きなのは『時函』ですが、二番目はこちらの作品になります。

f:id:araicreate:20170915065721j:plain

 サークル水桜月(みかつき)が2009年にリリースした『漆黒ノ月』。女性向けという枠組みですが、乙女でもBLでもなく、一般向けに近い作風です。

 舞台は中央大陸フォーリアのシルヴェリア皇国。若き少年鏡皇アリスは、補佐役と友人に恵まれ、しかしろくに世界を知らないまま日々を過ごしている。そんな中、街では鏡団の敵であるヴァンパイアの暗躍が噂されていた。ある夜、無防備にも外出したアリスはヴァンパイアに遭遇してしまう――と、中世のカトリック国がモチーフで、誰もが手を出しやすい安心設定です。

 アリスは人間とヴァンパイアの対立に直面し、殺し合う以外の道を見いだせないかと、全ルートを通じて苦悩します。そのわりにやけに行動が軽率で危なっかしいのですが、まだまだ子供なので、あまり計算尽くで思慮深いよりはいいのかなとも思ったり。純粋だからこそ周囲に囚われず、目的のために邁進するアリスは、女性にとって庇護欲をそそられる……のかも。
 もちろんそれだけじゃなく、鏡皇としての強い自覚に目覚めて、成長も垣間見えます。あまり奇をてらわないシナリオですが、ベストエンディングはとても爽やかなものがありました。

 さて、本作の一番の見どころは何かといえば、ヴァンパイアの始祖「黒耀」を挙げたいです。その高貴なたたずまいは黒耀様と言わざるを得ません。あと、たいそう胸の谷間がお美しい。女性向けはプレイしたことがないという男性諸氏も、彼女を見る、いや拝むためにプレイする価値があります。パッケージ版は入手困難ですが、ダウンロードサイトでは今も絶賛販売中です。

良作怪作なんでもあり! ティラノゲームフェス

 先日のノベルゲーム制作ツールの歴史でも取り上げましたが、今もっとも人気のツールのひとつがティラノスクリプト&ティラノビルダーです。

tyrano.jp

 タグリファレンスの充実、活発なコミュニティ、有志によるお役立ちプラグインの公開など、初心者にとってはもちろん、他のツールの経験がある人にとっても至れり尽くせりです。
 そしてクリエイターたちが何より盛り上がっているのが、ゲームコンテストの「ティラノゲームフェス」です。
 個人による主催でありながら、グランプリ作品には賞金10万円と限定グッズが贈られるという豪華ぶり。前年にグランプリを射止めた『どとこい』は、キャラクターの解像度が下がって■になってしまうという斬新すぎる設定で、ネットニュースサイトでも取り上げられるなど話題を呼びました。

nlab.itmedia.co.jp

 今年は158もの作品がエントリー。パッとサムネイルを見ただけでも、いい感じと思える作品がたくさんあります。何よりプレイヤーの感想コメントが活発ですね。クリエイターにとって、これほど嬉しいことはないでしょう。
 さて、私もいろいろと気になる作品があるのですが、今回は趣向を凝らしてタイトルにインパクトがあった5作品をピックアップしてみました。一言コメントも加えています。

ゲームオーバーできません!

novelgame.jp

一言:これもひとつの転生モノ。

発情婆

novelgame.jp

 一言:ひどい(褒め言葉)

ボス恋〜ボスモンスターと恋しよう!〜

novelgame.jp

一言:ボス攻略(恋愛的な意味で)

スマたま~スマホゲーに搾取(と)られてばかりでたまるかっ~

novelgame.jp

一言:時代の流れを捉えてますね。

ママよりつよいやつにあいにいく

novelgame.jp

一言:普通に絵本として通用するのでは。

 

 数が数だけに、とても全部はプレイできそうにないですが、これだけ盛り上がるゲームコンテストはなかなかありません。みなさんもこの週末はティラノゲームフェスで暇つぶししましょう。